映画【手紙は憶えている】

主人公は認知症を患ってしまったおじいちゃん。




重要事項を忘れてしまったり、




動きがおぼつかなかったりで序盤はハラハラします。





友人に貰った手紙にタスクが書いてあり、

 





それを一個一個潰していく形で物語は進行する。


 



最終的には家族を殺したナチスの兵士に辿り着き、

 




そいつを殺すこと。





こちらの映画伏線が結構張られており、

 

 



観終わった後にそれに気づくタイプの映画です。

 





後は、

 




おじいちゃんの非常に繊細な演技に注目して欲しい。


 



認知症で動きもついていってないんだけど、


 



スイッチが入った時は目に力が入ってたり、

 




その雰囲気も言動も変わる、


 



緩急の付け方がスゴいです。

 

 

 

このような繊細な演技でこそ、その役者さんの実力というものがわかったりしますね。