映画【凶悪】

ドチャクソ怖い。

 

 

 

誰かの利益や金の為に人がバチバチ殺されていく。

 

 

 

原作も読んでるんですが、

 

 

 

活字じゃぼんやりとしかわからなかった部分も映像だとかなりわかりやすく入ってくる。

 

 

 

原作はノンフィクションなんで、

 

 

 

これマジであった話しです。

 

 

 

エグいシーンもかなりある、

 

 

 

キツい人はキツいかも。

 

 

 

暗さと陰がある事件記者を山田孝之さんが演じています。

映画【アメリカン・スナイパー】

アメリカ海軍特殊部隊、

 

 

 

Navy SEALDsに所属し、

 

 

 

レジェンド(伝説)と呼ばれた米軍史上最高の狙撃手、

 

 

 

クリス・カイルの物語。

 

 

 

クリス・カイルの軍人とかスナイパーとしての凄さっていうよりかは、

 

 

 

戦争によって人間が壊れていく様の方に重点が置かれている。

 

 

 

その腕で祖国や仲間を守るという大義と、

 

 

 

そのためには人を殺さなければならないという矛盾(子供でも)、

 

 

 

その葛藤の中で徐々に心は蝕まれていき、

 

 

 

結果的に自分と家族は犠牲になってしまう。

 

 

 

退役軍人のPTSDは社会問題だけど、

 

 

 

極限の状況で殺ったり殺られたりしてたら心なんて簡単にぶっ壊れるよなと思う。

 

 

 

ただ、

 

 

 

軍人って星条旗を胸に戦ってるんだなって感じることが多い。

 

 

 

その想いが強ければ強い程そういう葛藤も生まれるんだけど。

 

 

 

星条旗tattoo入れる人とかもいるし、

 

 

 

それがアメリカでいう制服を着るってことなのかなと思う。

 

 

 

画の中にMARVELのパニッシャースカルがかなり出てくる。

 

 

 

クリス・カイルが好きだったらしい、

 

 

 

カッコいいですね。

 

 

 

そしてアメリカン・スナイパーを監督したクリント・イーストウッドのクリス・カイル(160人を射殺した主人公のモデル)の総評ですが、

 

 

 

彼をこう評価しています 彼は運命につかまったんだ。

 

 

 

この言葉は非常にしっくりきます。

 

 

 

これは主に彼の最期を指していってるんだろうけど(彼の最期はPTSDを患った元海兵隊員に射殺される) 映画評論家の町山智浩さんは、

 

 

 

それをカルマっていってて、

 

 

 

因果応報とか、

 

 

 

天罰覿面とか言い換えれるような言葉は色々あると思うけど、

 

 

 

それよりも輪廻っていうかな、

 

 

 

それが廻り廻って自分自身に死が返ってきてるって感じで、

 

 

 

なんかこう目に見えない何かみたいなものを感じざるを得ない、

 

 

 

因果は廻る。

 

 

 

運命にリング性のようなものがあるとすればですが。

 

 

 

非常に色々考えることが多い映画でした。

 

 

 

こちらはかなり有名な作品で、

 

 

 

この作品が好きだとおっしゃる方も非常に多いです。

 

 

 

是非、一度ご覧になられてみて下さい。

映画【この世界の片隅に】

こうの史代さん原作のアニメ映画。

 

 

 

広島の呉に嫁いだ絵を描くことが大好きな18歳の女の子の目から見た戦時中の風景や日常を映し出す。

 

 

 

当時の状況をかなり忠実に再現されており後半は本当に戦況が酷くなる。

 

 

 

考えるというよりかは感じる映画だと思います。

 

 

 

主人公のすずちゃんはゆ〜ったり、

 

 

 

のんびりとした性格で、

 

 

 

なんかトラブっても、困ったねぇ~みたいな感じで、ぽわ~んとしてて

 

 

 

のん(能年玲奈)さんの声とすずちゃんのキャラがスゴいリンクしててカワイイ。

 

 

 

その持ち前の性格でキツイ状況でも工夫しながら日々を乗り切っていく。

 

 

 

良く言われますが名作です。

映画【天空の蜂】

東野圭吾さんの小説の映画化です。




凄まじいのが刊行されたのが、




1995年。2011.3.11、




東日本大震災の16年前、




まだ原発のげの字も出てない頃に東野圭吾さんは原発




電力、




日本の国民性のことについて既に問題提起をしている。





ヘリの遠隔操作は今でいうドローンだし、




これには脱帽するしかなかったですね。





綾野剛さんが犯行声明文を読み上げるシーンが冒頭であるんですが、





殺気がのった声でシブい。





犯行声明文の最後、





犯行名を読み上げるのと同時に天空の蜂のタイトルがきます。




そのシーンがめちゃくちゃかっこいいです。




綾野剛は命なんていくらだってくれてやるって感じの、




目がイッちゃってる感じのテロリストの役なんだけど、




後がない色気みたいなのが出ててカッコイイ。





テロリストの方にも背景があって、




ある種の信念とか、




矜恃の元(歪だったりするけど)に行動しているので、




美学みたいなものも感じ取れたりする。




観終わった後はテロリストの方に共感する人も多分いると思います。






まず天空の蜂っていうタイトルが秀絶すぎてヤバいですよね、



これは降り注ぐ放射能とかけてるんですが。



ここも素晴らしいと思いましたね。





東野圭吾さんは元エンジニアで理系出身だからこういうのが書けるんだろうけど、




天空の蜂にしても取材に5年かけたらしいですし、




あそこまで突き詰めて書いてる人ってあの人ぐらいなんじゃないかなと思いますね、





白夜行にしても高度なソフトウェアの知識を持つ主人公だし。




東野圭吾さんのあの頃ぼくらはアホでしたっていうエッセイで、




基本的にあんま勉強出来なくてアホでした(大学時代はカンニングでなんとかしてた)みたいな記述が出てくるんですが、




絶対ウソだと思いましたねw



あの人で出来なかったら、



他の一般人どうなるんだって話ですよねw




これが出版された後、




東野圭吾さんが勤めていた会社のこともエッセイで面白おかしく書くんじゃないかと元職場の人たちは震え上がったそうですw




会社内部のことをあんな面白おかしくエッセイでまとめられたら正直死ねますねw




こちらも東野圭吾さんの人となりのようなものがわかって普通に面白いです。





オススメです。





東野圭吾さんは問いを投げかけてくるような作品が本当に多いです、




天空の蜂にしても、




手紙、



さまよう刃にしても。




物語の構成上そうなってるっていうか、




俺、私だったらどうすっかなっていう思考に自然となる作品です。




機会がありましたら是非ご覧になられて下さい。




上記にご紹介した東野圭吾さんの小説やエッセイもとても面白い作品です。

映画【藁の楯】

この男を殺してくれ、

 

 

お礼に10億払う。

 

 

そんな広告が新聞に掲載される。

 

 

 

その男は幼女ばかりを狙う殺人犯。

 

 

金に飢えた奴らに狙われながら、

 

 

仲間ですら信用出来ず、

 

 

いつ裏切るのか常に気を抜けない展開。

 

 

仕事とはいえそんな奴を守らなければならないSPをはじめとする警察官の葛藤と問題提起。

 

 

 

藤原竜也さんが小児性愛者のかなりキレた役をやっています。

 

 

藤原竜也さんは、

 

 

DEATHNOTEでも夜神月の役やってましたけど、

 

 

ほとんど完璧でしたね。

 

 

藤原竜也さんは普通の人の中に狂気を宿すというかな、

 

 

そういう役をやらせると非常にうまいと思います。

 

 

夜神月も優等生だけど振り切れた極端な思想持ってるし、

 

 

カイジは普段はダメ男だけどギャンブルになると尋常じゃ無い力を発揮する。

 

 

ギャンブルに入り込んだ時のカイジとか、

 

 

要はサイコパスとか人格破綻者の役が特にうまい。

 

 

香川照之藤原竜也だけはマークしてたみたいなことどっかで言ってたから演者としては相当なセンスなんだと思う。

 

 

新撰組でも沖田総司の役ですかね、

 

 

やってましたけど、

 

 

三谷幸喜藤原竜也のセリフだけはかなりの所まで考えたって言ってましたし、

 

 

天才なんだと思いますね。

 

 

藤原竜也さんはの鈴木杏さん、

 

 

小栗旬さんと共に、

 

 

ハムレットという舞台に出ておられて、

 

 

その舞台も観劇したことがあるんですが藤原竜也さんは舞台でもスゴかったですね。

 

 

役者やるために生まれてきたような男なんだと感じますね。

映画【ハードコア】

とても斬新な映画。
 
 
 
こういうのって今まで無かったんじゃないかな、
 
 
 
一瞬だと戦争映画とかでも見るけど、
 
 
 
この映画は初めから終わりまでFPS視点でストーリーが進む、
 
 
 
一人称視点。
 
 
 
だからいきなり主人公に入り込める。
 
 
 
けどめっちゃ画面酔いするw
 
 
 
マジでFPSやってるみたいな感覚になる映画です。

映画【アメリカン・ソルジャー】

銃撃戦などは少しだけで、

 

 

主に退役軍人の悲惨な人生やPTSDによる後遺症について。

 

 

 

ハリウッドの戦争映画ってプロパガンダの意味も含めてやっぱ感動するのとかカッコイイのが多い、

 

 

 

そういう側面は確かにある。

 

 

 

けど光があれば影があって、

 

 

 

その影の部分に焦点があてられている。

 

 

 

主要人物は3人、

 

 

 

1人は婚約者の前で自殺、

 

 

 

2人目は記憶障害になりマトモに仕事が出来ない為ヤバい仕事に手を出してしまう。

 

 

 

3人目は家族もいて幸せそうに見えて、

 

 

 

度々起こるフラッシュバックと自殺願望に悩まされている状態と結構キツイ...。

 

 

 

ハリウッド映画では戦争の綺麗な部分に光が当たることが多いですが、

 

 

そんなものは所詮は徒花なんだなとこの映画を見ていると感じざる得ないです。